その時が来た

スクリーンショット 2018-10-08 20.11.06.png
iMac2010,Macmini2011ともMojaveに上げられない。
Snowleopardから8年、ついにその時が来てしまった。
High Sierraのサポートは後1年あるはずなので、その間に次期機種および構成を真面目に考えよう。

AI2018

XPOに続いて参加しました。
各局QSO TNX。

○コンテスト準備
規約が変更になっているとのことで改めて全体を読み返すと、ネット利用はマルチオペ扱いなんですね。
しかも今回ではなく初めから。
ありゃ〜。前回思いっきりRBNを使ってしまっているわ〜
XPOと同じルールという思い込みが敗因です。
今更なので、私から主催者に申告まではしませんが、許されんと思われる方はどうぞ。。。。
ということで、今回はCC Clusterを切った状態でN1MM+を使用することに。

○コンテスト運用
XPO同様40mが使いものにならなければ、お手上げです。
その分6mに時間をかけ500Wで運用しました(実はXPOもでした)。
また、ハイバンドでGWでの局数稼ぎにRUNを多めに。
XPOではRBNデータでオープン状況やライバル(?)の動向などを把握でき良かったのですが、今回はいつもより短時間でのQSYを繰り返すことになりました。
やっぱり耳は追いつかずだいぶ逃しました。
ただ、コンテスト中は休憩なしで運用することができました。

○結果
18aiscr.png
18aiQSO.png
前回と比較して、局数は大幅減、マルチは微増、スコアも大幅減でした。
それでもこのCONDXとANT等制約がある中でやれることはやったかな、と自己満足。

次回は今のところ未定です。

XPOコンテスト

この時以来の無線活動でした。
各局QSO TNX。

今回もN1MM+での参加ですが、Winkeyがなぜか反応せず。
電池の入れ直しで復活したので接触不良だったのかも知れません。

○感想など
今回は、40mのCONDXの悪さに心が折れました。。。。
前回(2015)も記憶に残ってませんが悪かったみたいです。
とは言いながら、使えるハンドが少ない固定ではお手上げで、昼食30分、ティータイム30分休憩してしまいました。
どうしようもない中でも16時台半ばに15mのSC、終了間際の40mの近距離復活はありましたが、出ている局が少なくほんの少し上積みできた程度でした。

○その他
 コンバーターに使用しているCTESTWINは、インポートしてからDUPEチェックを指示しないと働いていないようですね。
 今まで指示した記憶がないのですが、とりあえず失格にはなっていないようです。

○結果
18xpo.png
18xposcr.png

台風21号の2

勤め先の使命(?)で、この日は帰宅手段がなくなる可能性があるのがわかっていながら出社せねばならず。。。
夜遅くに復旧すると思っていた南海高野線は意外にも動かずでしたが、そもそも帰れる状況になく久々の完徹。
システム屋には設備被害は関係ないはずが、想定外のデータ量で負荷がかかったので対応に四苦八苦してました。
今は仮想化しているのでCPU、メモリ、ディスクを増やすのは簡単で便利な世の中になったものです。
それでも、できの悪いPGM処理の尻拭いは出来ませぬ。
合間にTVを見ると恐ろしい映像が映っていましたが、当地では、台風の中心から少し離れていたせいか、近所を見ても被害はあまり見受けられませんでした。
記録されている最大風速は13:51に25.9mで、計測し始めてから(2009年)の最大値27.5mには届きませんでした。
本日、ようやく休暇を取ることができ、被害状況の詳細を確認しましたが、結局Sloperを切られたり、同軸の取り回しがおかしくなっていた位でした。
雨のため復旧作業は今度の週末になりますが、予報では雨。。。。

XPOまでに間に合わせて出たいところですが、さて。

台風21号

今シーズンは台風がよく来るなぁ。

21号も20号と同じようなコースになってきたようです。
当然エレベーターは下げて固定してあります。
これまでは、幸いにも被害はありませんでしたが油断は出来ません。

今シーズンはQRV回数よりエレベーター上下回数の方が多いのがちょっと。。。。