日帰り弾丸ツアー

3連休の中日に東京某所でイベントがあったので、ランクルで日帰り往復を企画してみました。
 ・清水以東の新東名と圏央道を走ったことがないので走破したい。
 ・近いうちに北海道にも行きたいので、1000km/日がどの程度のものか体感しておきたい。
5時出発で、高速はほぼ90kmで走行。海老名JCTから圏央道経由で13時過ぎに現地着。
18時前に帰路に着き、そのまま帰ってもその日の到着は厳しいところで娘から土産の要請があり、海老名SAで入手後京都経由で2:45に帰宅でした。
余計に2h程かかったものの、目的は達成。当初想定どおり渋滞にはほぼ遭わずで、反対車線の渋滞を横目に快適に走行できました。

○往路の途中で3万キロを達成。
CA3I0409.jpg
○天気が良く、富士山がよく見えました。
・新東名から。
IMG_3405.jpg
・御殿場SAから。東と西で雪の量が違いますね。
IMG_3408.jpg
・東京某所からの景色。
IMG_3414.jpg
・総走行距離は1000kmを突破
IMG_3420.jpg
○燃費
 初の9km/Lオーバー。
 80km/hに落とせば伸びると思いますが、そこまでは。。。。
 無給油で走行できたのは大きい。レギュラーで東京近辺と10円/L以上の差があり、高速はさらに10円くらい高かったような。。。
○新東名の110km区間
 ここも90km/hで走りましたが、全体的な流れは100km区間と変わらずに思えました。
○クルコン
 90km/h位だと余り追い越しをかける必要がないのと、ON/OFFをする必要がほぼないので運転が楽でした。
○疲れ
 商用車シートのため乗り心地が最悪でシートが硬いと家族からは非難囂々ですが、運転していて腰や肩や尻にこなくて長時間運転していても疲れません。
 安っぽいけど良くできているんだよなぁ。これならレカロはなくてもいい感じ。
 クルコンがあるので足を休めていられるのも大きいです。トルクが大きいので5速のみで走行していられるという話も。
○Google
 90km/hで走っていると、到着予定時刻がどんどん遅くなる。
 帰りに周辺道路が渋滞しているためか、細い住宅街の道を案内されました。
 多摩川の橋と環八が渋滞しているためか、そこを避けるように案内している感じでした。
 迷惑もかかってしまうので、ほどほどにしないとね。
○駐車場
 今は結構あちこちにあるんだけど、24h400円から800円の安いところは満車ばかりで、道も混んでいて身動きを取りにくい。
 2箇所ダメだった時点で予め目をつけていた24h最大1800円のところにしましたが、停めてすぐに何台か入ってきて満車になりました。東京おそるべし。

オイル交換

前回のテリオスキッドのオイルの劣化度から今回は半年で交換。
銘柄は前回と同じPLUSですが、なぜかホームセンターの在庫処分の所にいました。
その分安かったのですが、今後は販売しないのかな?
IMG_3393.jpg
IMG_3396.jpg
IMG_3395.jpg
走行距離は、テリオスキッドが1000km強、ランクルが5000km弱とだんだん減りつつあります。

固定局再免許申請

電子申請liteで申請して約1ヶ月。
日本アイテックからの不在通知が来て??となりましたが、そういえば申請してたなと確認すると審査終了していました。
スクリーンショット 2018-11-08 22.21.53.png

新スプリアス規格関係でイチャモンがつくと面倒だなと思っていたのですが、認められていたようです。

その時が来た

スクリーンショット 2018-10-08 20.11.06.png
iMac2010,Macmini2011ともMojaveに上げられない。
Snowleopardから8年、ついにその時が来てしまった。
High Sierraのサポートは後1年あるはずなので、その間に次期機種および構成を真面目に考えよう。

AI2018

XPOに続いて参加しました。
各局QSO TNX。

○コンテスト準備
規約が変更になっているとのことで改めて全体を読み返すと、ネット利用はマルチオペ扱いなんですね。
しかも今回ではなく初めから。
ありゃ〜。前回思いっきりRBNを使ってしまっているわ〜
XPOと同じルールという思い込みが敗因です。
今更なので、私から主催者に申告まではしませんが、許されんと思われる方はどうぞ。。。。
ということで、今回はCC Clusterを切った状態でN1MM+を使用することに。

○コンテスト運用
XPO同様40mが使いものにならなければ、お手上げです。
その分6mに時間をかけ500Wで運用しました(実はXPOもでした)。
また、ハイバンドでGWでの局数稼ぎにRUNを多めに。
XPOではRBNデータでオープン状況やライバル(?)の動向などを把握でき良かったのですが、今回はいつもより短時間でのQSYを繰り返すことになりました。
やっぱり耳は追いつかずだいぶ逃しました。
ただ、コンテスト中は休憩なしで運用することができました。

○結果
18aiscr.png
18aiQSO.png
前回と比較して、局数は大幅減、マルチは微増、スコアも大幅減でした。
それでもこのCONDXとANT等制約がある中でやれることはやったかな、と自己満足。

次回は今のところ未定です。